漁師のお話。

ルミナリーロッドを目指してアチーブメントこなしつつ釣りをしております。

ラノシア地方グレード4までコンプ。
ffxiv_20150929_070837.jpg

黒衣森地方グレード4までコンプ。
ffxiv_20150929_070847.jpg

ザナラーン地方グレード4までコンプ。
ffxiv_20150929_070855.jpg

いよいよグレード5へ着手し始めましたが、Lv41-Lv50のラノシア地方でのレストエリア内での釣り場を見つけることが出来ず、とりあえず西ラノシアのサハギン族エリア?の一番奥地で釣ってます。
紅珊瑚というのがたまたま釣れて、お小遣い稼ぎもできそうです。
というわけで残りそれぞれの地方で1000回ずつ、計3000回釣ることができればルミナリーロッドです。

占星術師ではLv46でコンバラを修得。
ffxiv_20150929_075643.jpg
コンバスの上位版ですが、キャストタイムがあることと、威力はコンバスと同じだったはずで効果時間が増えた感じですかね。
コンバスの無詠唱になれてしまったせいで動きながら攻撃したいときはコンバス連発とかやってます。

バハムートでは邂逅編4をクリアすることに成功し、いよいよ邂逅編ラストの5層へ挑戦していく予定です。
ffxiv_20150929_231835.jpg
やはり予習している時間がわくわく感が高まり楽しい。

では!
連続更新です、どうもこんばんは!

再び漁師のお話。
ffxiv_20151001_041054.jpg
ラノシアグレード5はここで回数を稼いでいるのですが、初めて☆2を釣り上げました。
なので記念のssです。
獲得力が足りなくて釣れないという獲物は、やはり大物なのでしょうか。
漁師にアクセは必要ないと思ってましたが、獲得力のマテリア系をぶっこんでいたので装備させました。
でも防具類がIL43程度なので、AFを揃えてまた楽しむつもりです。


モンクのお話。

忍者は風遁を切らさないことでDPSを高く叩き出しますが、モンクは疾風迅雷を切らさないことで与ダメと攻撃速度上昇をキープしDPSをたたき出します。

Lv50のモンクでは疾風迅雷をスタックさせることができ最大3スタック可能、後は長期戦であればそれをキープしつつスキルを回すのみ。

紅蓮の構えを入れて疾風迅雷効果を意識して体感してみました。

連撃が壱の型状態であれば背後から当てると必ずクリティカルなので、それで試してみました。

疾風迅雷が全く乗っていない状態、0スタックの状態。
ffxiv_20151001_043746.jpg
489ダメージ。

疾風迅雷スタック1の状態。
ffxiv_20151001_043757.jpg
528ダメージ。

疾風迅雷スタック2の状態。
ffxiv_20151001_043806.jpg
565ダメージ。

疾風迅雷スタック3の状態。
ffxiv_20151001_043815.jpg
613ダメージ。

とはいえ、結構ダメージにはばらつきがあったのでこの限りではないと思います。

ダメージはそんな感じでしたが、次は攻撃速度について。

紅蓮の構えオンリーの状態、疾風迅雷スタック0。
ffxiv_20151001_043852.jpg
2,44s

疾風迅雷スタック1の状態。
ffxiv_20151001_044400.jpg
2,32s

疾風迅雷スタック2の状態。
ffxiv_20151001_044443.jpg
2,20s

疾風迅雷スタック3の状態。
ffxiv_20151001_043837.jpg
2,07s

という感じでどうやらスタックすると疾風迅雷効果自体が与ダメ10%上昇の攻撃速度5%上昇なので、スタック3だと与ダメ30%上昇攻撃速度15%上昇と考えてもいいのでしょうかね。

ちなみにこれがLv51でIL120程度のモンクのフルバフでの連撃クリティカル。
ffxiv_20151001_044046.jpg
808ダメージ。

同じ状態でこっちは871ダメージとばらつきがあります。
ffxiv_20151001_044059.jpg
ちなみにフルバフは紅蓮と打耐性ダウンと与ダメUpのコンボと捨身と疾風迅雷Ⅲです。

紅蓮の構えのみのときと比べると、489ダメージから871ダメージなのでばらつきはありますが、この差を比較すると約1.7倍与ダメ上昇中、かつ攻撃速度も15%上昇中なので、いかに疾風迅雷Ⅲを維持するかなんですが、どうしても開幕のろのろ感が否めません。
スタック3まで持っていくのにWSを9回撃たないといけないのです。

そこでそんなことを考えてて思い浮かんだのが、
ffxiv_20151001_055233.jpg
読み方がハッキリとしないのですが踏み鳴らすと書いて踏鳴、そのままですが;;
このスキル今まで1回も使ったことがなかったのです。
いつ使うべきなのか、気にしたことはありましたが、深く考えずスロットには入れてても使ったことはありませんでした。

しかし!このアビリティを発動すると型に関係なくなんでもWSが撃てます、10秒間だけ。
なので疾風迅雷を付与するWS崩拳を、開幕踏鳴アビリティ発動して連発すると3回打ち込むだけで疾風迅雷Ⅲの出来上がり。
衝撃の事実でした;;
たぶんこうやって使う為に踏鳴はあるのだと悟りました。


占星術師のお話。

占星術師Lv48へ到達。
ffxiv_20151001_053438.jpg

コバルトプラニスフィア。
ffxiv_20151001_053448.jpg

モーグリとかユニークな天球儀が欲しい。
ffxiv_20151001_053523.jpg
モーグリのやつはロット負けしました;;
天球儀も蛮神武器実装されているのでしょうか。
なにかよさげなのがあれば自作してみたいので、レシピを増やしたいのですがまだ手付かずです;;

では今日はこの辺で。
最近はナイトでバハムート申請して何時間か経過してダメだこりゃと悟ってから、モンクでクリタワと討伐・討滅戦申請して遊んでから占星術師でレベリングというそんな流れの今日この頃です。

どうもこんばんは!

その合間に釣りをしている次第です。

そんなモンクで極ガルへ行った所、たぶんロットではなく普通にドロップで入手した嵐神ガルーダの羽根。
ノーマルのガルーダの羽根というやつも所持しているのですが、マーケットで相場を見てたらなかなかの金額で売買されているようでした。
ffxiv_20151002_044304.jpg
しかし、特にお金の使い道のない自分としては手放すのは勿体ないので、保管しております。

さて最近モンクを動かして遊んでいますが、やはり攻撃速度上昇というのはプレイしていて非常に楽しいです。
なので忍者もたのしめているのだと思います。

たぶんDPSをやっていて面白い要素としてこの攻撃速度というのが大きな要因ではないかと最近思い始めました。
ただDPSを育てたことがあるのが忍者とモンクはLv50超えてますが、他は竜騎士Lv34と黒魔道士Lv26?ぐらいです。
なので他のDPSでも攻撃速度上昇という自己バフがあるのか気になります。
もし、ないのであればやはり育てる気は起きないなーという感じです。

忍者をほっておいてモンクを動かしている理由として、やはり一番楽しいのは忍者なのですが、気楽にリズムよくテンポよく叩けるのがモンクなんです。
忍者は多彩な技、WSやアビリティでリズムにのりながらテンポを上げていく、スキルをガンガン回し始める、というのが超楽しいです。
がしかし、やはりネックなのが風遁。
3回ボタンを押して4回目のボタンで発動という手間暇が必ずやってくるので、なんというか気持ちよく叩いていたのにこの攻撃できない間が気持ち悪いという印象?なのです。
なので忍者はガチでDPSをたたき出したいときに動かす感じになってます。

逆にモンクはコンボを継続して叩き込んでいれば攻撃速度上昇15%キープしつづけるので手抜きでも楽しいです。
モンクをガチでやろうと思うと側面背面を気にしないといけないので、面倒で基本背後棒立ちで殴ってます。
後はある程度の距離ならば羅刹衝というアビリティで一瞬にして近づくことが出来るのも楽という印象を与えてくれて、より気楽に遊べてます。

という感じです、自分好みは並程度の火力があれば後はスピード感重視が好きなのでモンクと忍者が気に入っているのかもしれません。

そういう意味ではナイトにも何かしら自己バフで攻撃速度上昇アビリティが欲しかったなーと思います。
まぁまだろくに触っていない戦士と暗黒騎士に比べたら、ナイトが一番軽やかではあるのかなと感じております。


そんなモンクで前回ロット負けしたモグモグローブ。
ffxiv_20151002_065718.jpg
今日もマッチングしたら前回に続き連ちゃんでロット勝負に。
見事グリード勝負に勝ちましてゲットです。
まだ装備できないのが悔しい。

しかしモチベアップです!

では今日はこの辺で!
休日を利用してゴールデンタイム、モンクでクリタワ周回しまくってました。

どうもこんばんは!

そんな周回でクリタワと同時申請していた邂逅編5。
申請状況を知りたくモンクでも申請していたのですが・・・
ffxiv_20151002_202415.jpg
状況を知る前にマッチングしてしまいました。
すごーく迷ったのですが、モンクで初挑戦することに致しました。

再度こんばんは!

今まで初挑戦するバトルコンテンツは決まってナイトで歩んできた道のりでしたが、これもまた運命なのかモンクで行けというお告げなのかマッチングしてしまったからには行くしかない。

そう思いながら突入ボタンへカーソルを合わせてました。

仮にこの挑戦でクリアできたとしてもナイトでこなしていきたい自分としては改めてまたチャンスがあれば必ず邂逅編5もナイトでクリアしてやろう、そんなことも思いながらポチッと押しました。

次が侵攻編のはずなので、侵攻編1と邂逅編5の同時申請で行きたいなと考えながら。

さてモンクで参加することとなった邂逅編5ですが、どうやらバトルエリアにはバハムートの掌が存在するようでした。
そんなムービーがあったのですが、1回目のムービーを見てたら皆さんサクサク下りて行かれていたので、続けざまに2回目のムービーが入りスキップしてしまいました。

後から考えるとたぶん見てても待っていてくだったとは思いますが、思わず反射的にスキップしてしました。
なので宿屋でじっくり改めて見るか~と考えながらスタート地点へ。

サクサクと下りて行かれるのを見ていてベテランさんばかりだと感じていた自分は、これならクリアは余裕だろう、予習してきたし生存してクリアしたい火力うんぬんより生存することに全力を注ぐことにしました。

フェーズ2になるんでしょうか赤いマークと青いマークをMT以外で処理しつつツインタニアを削るシーン。
残念ながら自分にはマークが付くことがなく、赤いマークの方に集まる人数を様子見しながら1回だけ頭割りダメージに参加することができました。
やはりDPSは気楽にプレイできるので先を見据えて考えなくてもなんとかなるのでギミックを理解するにはいいロールかもしれません。

フェーズ3、ツインタニアが画面外に移動し?ダイブしてきます。
窪みで回避するのが主流のようで、まだ地形を把握できていなかった自分は皆さんの後をついていくことに成功し窪みへ到達。
マークが出現したプレイヤーがターゲットで、そこへダイブという広範囲直線攻撃をしてくるようです。
なので詠唱が見えたらすぐに中央へ向かい、詠唱が消えたら再び窪みへ戻るという3回ぐらいこなすと雑魚ポップ。

ちなみに外周のエリアは即死エリアのようで、1回だけ吹き飛ばされてダウンしました;;

ダイブ3回の後の雑魚ポップではSTが小型の雑魚2匹を引き連れて外周を移動するというふうに把握してましたが、さすがにIL130ぐらいが勢ぞろいの今のこのご時世。
窪みで普通に処理していて問題はないようでした。

最後はひたすらツインタニアを削るチャンスタイムなのですが、ドレッドだったかな?がたまに舞い降りてきてターゲットを絞り即死攻撃をしてきます。
デスタッチと言ってもいいような触れると即死の攻撃です。

タンクさんがスタン撃てないときのためにスタンを準備してかなり意識を集中していたせいか、自分がターゲットになる可能性をすっかり忘れており、かなりの近距離で拘束されてしまいデスタッチ;;

後は、ツインタニアがダメージ床を連発で発動してくるのも自分になり、やはり癖なのか後ろへ逃げてしまったのでかなりひどい状況を作ってしまいました。

そんなこんなで全滅1回、自分のダウン回数は3回ぐらい?でしたが、皆さん優秀で無事生存してクリアすることに成功し、DPSなのであまり仕事した感はありませんでしたが、良き経験になりました。

ぶっちゃけ邂逅編5を予習していて思ったことは初挑戦で綺麗に動ける自信がない、と思っておりました。
しかし初挑戦でしっかり仕事をこなす快感が自分にとって満足度が高まるので、下見したり練習していざ本番というのは出来て当たり前だと思うので面白くありません。
なのでナイトで行きたかった挑戦したかったという悔いは残り、後戻りすることは出来ませんが、今後そんな悔いが残らないよう進んでいけたらと思います。

そんな未だにエオルゼアコンテンツを満喫中の今日この頃です。

久々にメインストーリーではないにしろ、ストーリーを楽しむことができ続きが気になります。
果たしてルイゾワ様は生きているのか?バハムートと対面しましたが戦うことになってしまうのか?
第七霊災の真実を求めて今日も明日も冒険です。

イシュガルドコンテンツも気になりますが、十分エオルゼアコンテンツでまだ楽しめているのでそろそろイシュガルドへ向けてレシピ開放や、ルミナリーロッド、あとはなんだったかな余裕があればルキス?とかなんかAF主道具の上位のやつも狙いつつバハムートへ挑んでいく予定です。

ffxiv_20151002_223139.jpg

そして侵攻編開放!
ffxiv_20151002_224124.jpg

侵攻編は4層で構成されているようです。
ffxiv_20151002_224158.jpg
確かバハムートを拘束している観点から、侵攻編のバトルステージ名はラグナロク級拘束艦だった気がします。

そんな感じです。

モンクでクリタワ周回しまくっている時のスタート前のシーン。
ffxiv_20151002_224948.jpg
いろんなジョブや装備や見た目を24人分見れるというのもクリタワというか24人レイドコンテンツの魅力かもしれません。
もっと色んな方々とふれあい冒険していきたい、そして新天地イシュガルドと新しく実装されるという新24人レイドコンテンツ、たぶんLv60制限とIL制限もあると思うので、急がずじっくりまったり歩んでいきます。

そんな自分のことで精一杯なのですが、現在FC体験中でして7日目に入りました。
自分の普段の時間帯には誰も居られないのですが、休日ゴールデンタイムにログインすると賑やかな印象を受けました。
しかしゴールデンタイムはクリタワ周回のチャンスで楽しみたいのと、エキルレへ行かれる方々ばかりのようで、どうにも絡むチャンスがなく、というか自分の野心を抑えて積極的に絡んでいけばいいのですが、1週間で脱退する予定でした。
でも心地よさというのもなんだか感じており、もう1週間体験してみてもいいかなと思っております。
基本自己中マイペースなのでどうなるやらです。

では今日はこの辺で!!
ちょっと今日は簡潔に書きたいと思います、どうもこんばんは!

釣りの回数を稼いでいたらLv50に到達。
ffxiv_20151005_070533.jpg
なので、漁師クエストLv50完遂いたしました。
泳がせ釣りを連続でやる場合は、その場でしか出来ないことに気づき、最初は中央ラノシアで釣ってから東ラノシアの北ブラッドジョアで釣ろうと考えていた自分が恥ずかしい。

そんなクエストでした。

AFロッドゲットです。
ffxiv_20151005_070519.jpg

引き続きクエストが2つ発生したのですが、おそらく下のやつはイシュガルドコンテンツ向けのはずなので、上のほうを選択して内容を確認してみることにしました。
ffxiv_20151005_070610.jpg

どうやらヌシ釣りクエストのようです。
ffxiv_20151005_070851.jpg
やりたいところではありますが、ルミナリーロッドをゲットしてからと考えているので保留にしております。


漁師のAF防具。
ffxiv_20151005_071713.jpg

これがハルシオンロッド。
ffxiv_20151005_071719.jpg


んで、ルキス欲しいとかいってましたが、無理のない程度には楽しみたいですしこういうのは素材集めも自分でやるのが面白いので、クラフターギャザラー個々のクラスそれぞれゲットしていくにはかなりやりこみ要素だと感じてしまい、漁師だけとりあえず狙ってみようと思います。

どうせヌシ釣りは挑戦していく予定なので。
ffxiv_20151005_071940.jpg
その第一候補というか最初の目標になるのがフォリジャーフィッシングロッド。

こいつをHQで20匹釣ればゲットという案外お手軽そうな条件ですが、果たして・・・。
ffxiv_20151005_071959.jpg
ヌシ釣り要素なので、やはりルミナリーロッドをゲットしてから挑戦していくと思います。

ちなみに主道具はエオルゼアコンテンツだけでも更に上位が2つあり、スプラ。
ffxiv_20151005_072149.jpg

ルキスとあります。
ffxiv_20151005_072200.jpg

う~ん、スプラとルキスまで狙うかはまだ全くの未定ですが、余裕があれば漁師だけでもゲットしていきたいなーとは思っているところです。


漁師のお話は以上です。


今後やっていきたいことの1つとして、蛮神武器の自作。
ffxiv_20151005_062238.jpg
これモーグリの天球儀なのですが、モーグリの天球儀にもIL75?とIL95?の2種類があり、75のやつは普通に真のやつでドロップするやつで先日ゲットできたのですが、IL95のやつでは輝きが発生しておりいいなーと思ってしまいました。
しかもこれ自作できるようなのです。

こんな感じ。
ffxiv_20151005_062315.jpg
少し前にゲットした嵐神ガルーダの羽根というやつ、どうやらこのIL95の蛮神武器作成に必要な素材のようです。
この武器だとヒゲのポジションですね。
んで、善王のデミマテリアという聞きなれないアイテムですが、おそらく自分が思うに対象の蛮神武器を分解しないといけないのかなーと考えております。

こういった武器などはコレクション要素として収集してみたいと思う自分なので、こういうやつの素材にならばギルをつぎ込んでもいいと考えているのですが、☆3レシピであり作業精度と加工精度の条件すら満たせてなかったと思います。
なので金銭面や実際にクラフトするまでの準備などを計画的に実行して作りたいとまでは思ったのですが、いつ着手するかは未定です。

ナイトでのエオルゼアコンテンツが終わればイシュガルドでの冒険が始まるので、何事もナイト優先何事もナイトの為に注いでいくことになると思うので、現在のカンストLvである60になってから蛮神武器の自作に着手することになるかもしれません。

そんなことを考えていた今日でした。

あの武器が光ってるオーラを発している。
ffxiv_20151005_063005.jpg

単純な輝きではなく独特の輝きなのがまた良いんです!
ffxiv_20151005_063121.jpg
他にもイフリートとタイタンとガルーダの独特なのがありました。
自作は出来ないみたいですがシヴァ武器とやらもあるみたいです。

そんな感じで今日はこの辺で!

※おまけ※
ffxiv_20151004_065439.jpg
初めてバトルコンテンツでギブアップを経験致しました。

どうもこんばんは!

邂逅編5でのお話です。
めでたくナイトで参加することが出来ました。
とはいえ初めてサスタシャへCF申請したときほどのトキメキやドキドキはありませんが。
あの時は正座して待っていたものです。

邂逅編5、タンクでは初参加の自分と初見だとおっしゃられる相方タンクさん、他のメンバーさんはどうだったのかは把握しておりませんが、そんなメンバーでスタート。
ffxiv_20151006_233558.jpg
とりあえずチャット欄とフルネームだけ今後は伏せていこうと思います。

拘束具2個目の落下まではほぼ?順調だったのですが、やはりダイブで苦戦し何度か全滅を繰り返しました。
自分がSTを担当していたのですが、できればMTさんには2個目の拘束具が1個目とかぶってしまうので1個目が落下したら動いてほしかったのですが、やはり必死なのでしょう分かります。

チャットで動いて欲しいことを伝えるもうまく伝わらず、ダイブのタイミングをツインタニアが消えるので判断してました。

何度か繰り返し、ツイスターとドレッド?まで進むことができこれは行けるかと思われましたが、全滅。
ドレッドにスタンを撃つのに必死だったので状況がよくわかりません。
あとスタン撃ってましたが、デスタッチされてしまいたぶんヒーラーさんをダウンさせてしまっていたかもしれません。

そんなグダグダなCFマッチングだったので、ヒーラーさん1名退場されて7人で再び挑んでおりました。

しかし今度はツイスター&ドレッドまでは進めず、お開きとなりました。
初めてのギブアップでした。

感想として前回モンクでクリアできたことが不思議だと感じたぐらいに、邂逅編5とくにダイブは1人のミスで全員が被害をこうむる可能性があり、難しいと感じました。
今まではなんとなく個々の役割を果たしていれば攻略してこれたのですが、例えばDPS1人が隠れるのを忘れていてダウン、でもそれは自己責任というか被害は1人だけなのですが、邂逅編5ではそういうわけにはいかないようです。

エオルゼアコンテンツのラストダンジョン的な意味で挑戦しているので、もっといろんな方々と挑戦し、敗北や勝利を味わって終えたいところです。
ffxiv_20151006_234338.jpg
そもそもダイブの処理方法って窪みでやるのが正攻法なんでしょうかね、難しいわけではないですが、綺麗ではないなと感じております。

ではでは!
何日か前に占星術師がLv50へ到達致しました。
ffxiv_20151009_072006.jpg


どうもこんばんは!

レヴェヴァの特別指導。
ffxiv_20151006_083926.jpg

講義?を聞くだけで新しいアビリティゲットです。
ffxiv_20151006_084015.jpg
ダイアーナルセクトと対?になるアイビリティのようです。
ナイトで言うと忠義の盾と忠義の剣という関係ですね。

ノクターナルセクト発動時は自身の回復魔法の効果量を5%上昇させます。
ダイアーナルセクトは自身の攻撃速度を5%上昇だったので、違いの1つですね。

後は、ダイアーナルセクトではアスペクト系に継続回復という効果が付与されていましたが、
ノクターナルセクト時ではアスペクト系にバリアみたいなのを代わりに付与できるようです。
ffxiv_20151006_084133.jpg

説明文も追記されておりました。

ffxiv_20151006_084152.jpg
ただバリアを張っていられる時間が30秒間と意外と短く、実戦ではまだ試せておりません。
なのでイメージとしてはノクターナルセクトが自身の回復魔法の効果量5%上昇なのを考えると、回復特化。
ダイアーナルセクトが攻撃速度5%上昇も相まって攻撃系というイメージなのかなと思ってます。

回復量としては継続回復があるほうが総合的な回復は大きい気がするのですが、ヒールと同時にバリアを回復量の130%・100%張れるということは、30秒間だけですが230%・200%の回復という捉え方も出来るのかなと思っております。
継続回復は何かをしながらや、味方が継続ダメージを受けているときに使うというイメージなのでしょうかね。

ただ問題は、エンカウントしてしまうと戦闘中はこのノクターとダイアーそれぞれ解除することが出来ず切り替えするこもできないという点が気がかりです。
なのでどっちを基本スタンスにしたらよいのか、よくわかりません。

その辺も含めて考えていきたいです。

そして講義を受けて、本格的なLv50占星術師クエストが発生しましてコンプリート。
ffxiv_20151006_090507.jpg

シナストリーを修得致しました。
ffxiv_20151006_090536.jpg
自身以外のパーティメンバーを1人を対象とし、自身またはパーティメンバーに単体回復魔法を実行したら、シナストリーしているメンバーにも40%回復効果を与えるというアビリティ。
また、自身の回復魔法の効果量を20%上昇。

どっちかというと自身の回復魔法の効果量20%上昇というのを目的に使うアビリティなのでしょうか。
基本タンクにシナストリーなのでしょうか。
まだ試せておりません;;

新しい展開のジョブクエ。
ffxiv_20151006_090953.jpg

少しだけ、少しだけ期待してました占星術師AF防具・・・。
ffxiv_20151006_091556.jpg

新しい展開だったのでここからはイシュガルド向けのコンテンツになるようです。
ffxiv_20151006_091621.jpg
しばらくお預けです。


という感じでクエスト関連を終えて、武器をどうしようか考えておりました。

詩学によるガーロンド天球儀は所持しており、武具投影をするかしないか。
そこでマーケットでいろいろ見ながら決断。
ffxiv_20151006_095743.jpg
イブニングスターを自作致しました。
投影させるだけなのでHQにする必要はないのですが、まぁね。

大金叩いて、蛮神の上級武器とかを買うのもありでしたが、やはりどうしても他人の名が刻まれたものを持っているのは少し抵抗があり気持ち悪いとさえ感じてしまいます。
気持ち悪いは言いすぎですね、要は綺麗じゃなく気持ちよくない?という感じです。
簡単に言ってしまうと貧乏性なのかもしれません。

なので報酬で貰える天球儀、自作できる天球儀からいくつかピックアップ。

ガーロンド。
ffxiv_20151006_095911.jpg

ffxiv_20151006_095925.jpg

弱モーグリ。
ffxiv_20151006_095943.jpg

ffxiv_20151006_095959.jpg

イブニングスター。
ffxiv_20151006_100013.jpg

ffxiv_20151006_100027.jpg
イブニングスターはちょっとでかいですが、ララフェルだからこそこのギャップで楽しみたいと思います。
レシピを増やしてもっといろいろ作れるようになりたい。

案の定、武器クエストも発生せず;;
ffxiv_20151006_102418.jpg

防具はガーロンドをデフォにしております。
ffxiv_20151009_071840.jpg
胴の裾の広がり具合が気に入りませんが、頭はメガネをたぶん戦闘職では初めて?装備させました武具投影で。
自作できるメガネが少なく、もっといいメガネがよかったのですがガマン。

ffxiv_20151009_071847.jpg

ffxiv_20151009_071858.jpg

ffxiv_20151009_071922.jpg

ffxiv_20151009_071938.jpg


漁師のお話。
ffxiv_20151009_050623_2015100917133098b.jpg
ラノシアの釣り名人:グレード5。

そしてラノシアの釣り王アンロック。
ffxiv_20151009_050631_20151009171329d68.jpg
残るは黒衣森とザナラーンです!

ではでは!
詩学防具Il120のやつが揃ったのでステータス公開。
ffxiv_20151009_203841.jpg

どうもこんばんは!

占星術師、意外とエフェクトが神秘的で好きなのでssを残しておこうと思います。
ffxiv_20151009_204403.jpg
ノクターナルセクト。

ダイアーナルセクト。
ffxiv_20151009_204410.jpg

シャッフル!!!
ffxiv_20151009_204446.jpg

アスペクト・ベネフィク。
ffxiv_20151009_204546.jpg

アスペクト・ヘリオス。
ffxiv_20151009_204556.jpg

えっと・・・ディグニティ!
ffxiv_20151009_204618.jpg

ルミナスエーテル。
ffxiv_20151009_204707.jpg

ライトスピード。
ffxiv_20151009_204741.jpg

という感じで基本的に戦闘職の育成はこれで一旦終了です。
今後はナイトでバハムート挑みながら、忍者モンク占星術師でたまに遊びつつ釣りメインになってくる感じでしょうか。
結局バハムートコンテンツ次第ですね。

そんなバハムート、そして邂逅編5、再びナイトで挑むことが出来ました。
ffxiv_20151009_210953.jpg

モンクで行き、ナイトで行き、そして3回目。
ffxiv_20151009_211441.jpg

ダイブのフェーズでは結構吹き飛ばされている方がおられ、自分も1度吹き飛ばされましたが、やはり優秀だと一番感じるリカバリー能力の高さを目の当たりにしました。
ffxiv_20151009_211530.jpg
こんなメンバーが居たらなんでも攻略できそう、そう感じました。

さて自分としてはダイブを1回くらいましたがそこは特に気にする点でもなく、反省点として黒い球体が最後のフェーズかな?で出現するんですが、2回ほど逃しました;;
カメラワークが悪かったのか認識が甘かったのか、すごーく反省です。
不甲斐無い。
悔しい。
しかし過ぎてしまったことであり、同じミスは基本しないですししたくないですし、せっかくの挑戦でしたが個人的に不合格でした。
予習不足、実戦での対応力不足、まだまだ未熟だと感じつつ、次のステージへ進んでいきます。
今後は高難易度コンテンツ回数も稼げるなら稼いでおきたいので、邂逅編3を除き1245と侵攻編1へ申請していこうかなと考え中です。

ちょっと関係ないお話。
ffxiv_20151009_200530.jpg
以前漁師のAF防具紹介したと思いますが、最近釣りをしていて気づきました。
帽子にルアーが乗っかっていることに!

あと久々にチョコボレースやってきました。
ffxiv_20151010_034736.jpg
どうやら名前はRoadGalaxyにしていたみたいです。
もっと操作レスポンスを高めてくれたら競争している感じや駆け引きというのも面白くなりそうなのですが・・・。

さてチョコボレース繋がり?でマイチョコボ育成の秘訣をコンプ。
ffxiv_20151010_035333.jpg

マイチョコボ育成開放!
ffxiv_20151010_035340.jpg

FCへ加入してから14日間体験させて頂きましたが、特に自分にとって害となる要素や迷惑的な印象も受けず、やはり居心地のよさを感じております。
みなさん落ち着きがあり、新しい風もかなり入ってきてあの方には御見それいたします。
最初は変な仮面を付けておられてあまり好印象ではなかったのですが、自分にはない才をお持ちで尊敬です。
そんなFC、このまま体験で長居するのは申し訳なく、かといって脱退するには寂しさを感じるようになりました。
特にちゃんと正式にゲーム内などで発言するつもりはありませんし、なかなかお会いすることもないかと思いますが、この辺で帰る場所お出迎えしてくれる場所のありがたみを感じつつ腰を据えていこうと思いました。

その第一歩として。
ffxiv_20151010_035553.jpg
きっかけがあれば訪問?する予定でしたが、先延ばしにしていたFCハウスへ初めて行ってみました。

まずやりたかったこととして、チョコボ厩舎の利用。
ffxiv_20151010_040037.jpg
FCハウスであればFCメンバー全員利用できるらしく、結構前からバディはほとんど利用していなかったので厩舎に預けました。
そして初めての訓練!
あとは羽根の色を変更できるらしく、おやつという実を意識してあげることで好みの色にできるらしいです。
個人的に青系がすきですが、やはり人気のありそうなスノーホワイトかな?かなり白いやつに現在挑戦中。
うまく白くなってくれたらいいなーと願ってます。

ハウジング内。
ffxiv_20151010_045004.jpg
ナナモ様に一目ぼれ。
ララフェルに似合うドレスってあるんでしょうかね気になります。

おまけ。
ffxiv_20151010_044218.jpg
リムサのオフィサー装備やばいかっこいい。
これ軍票で交換できるらしくウルダハのも見てきましたが映えない。
でもちょっと揃えてみたいので揃えてみようかなーと考え中です。

ではでは!
今日はちょっとログイン前に更新です、どうもこんばんは。

オフィサー装備を実際にララフェルが装備しているのを目撃し、自分も少しこだわりを見せたいと考え、調べておりました。
今までハイレベルIDはナイトでしか行ったことがなくまだルーレット開放しておりませんが、他のジョブでは行ったこともなく、ましてやタンク装備以外目もくれずパスばかりしていた自分。

このモンクと忍者で共用できる
ヘラクレスシャツ
をゲットしたいなと考えています。
ララフェルに似合うかは分かりませんが、今までナイト以外では行く機会がなかったハイレベルIDですが、目的ができました。

後はヒーラー装備である
デメテルローブ
今のガーロンドよりは見てくれはいいですし、色合いも落ち着きがあっていいかなーと思い。

この2つがタムタラHもしくはストーンヴィジルHでゲットできるのでちょっと目先の欲に任せて挑戦してみようと思っています。

そんな感じで、この後ログイン予定です。
ffxiv_20151011_051844.jpg
2周目か3周目でゲット致しました。

どうもこんばんは!

んで、モンクは神話装備?でしたがデーモンの脚と下駄とデーモンの手と頭はターバンだったかな?に致しました。
ffxiv_20151012_033249.jpg
ガッチガチの戦闘服も好きなのですが、こういうのもいいなーと感じております。
特にID以外でのイベントムービーやフィールドでの冒険や街中での移動などでは世界観に溶け込めていると感じれるようになったよーな気がします。

最初、頭はメガネもしくは非表示にしていたのですが、インパクトがないなと思い、印象強くするためターバンつけました。

ヘラクレスシャツは忍者でも共用できるので、忍者もガッチガチの詩学防具から変更。
ffxiv_20151012_033300.jpg
モンクと同じように頭はメガネもしくは非表示で考えていましたが、忍者可愛いのでララフェルに似合いそうなスプリガンキャップが予想よりも安かったので購入。
クレセントキャップ?も候補でしたが忍者には似合いそうにないのとその他諸々の理由で却下。
姿勢を低くした走りかつララフェルにはスプリガンキャップがよく似合います。

にんにん♪ニンニンッ!!
ffxiv_20151012_033038.jpg
し、しぶい。
そして屈強な肉体。

武具投影したらなんだか他人と絡みたい衝動にかられて、いろいろと絡んでおりました。
良い傾向かもしれません。
迷惑にならない程度に絡んでいきたいと思います!

では今日はこの辺で。
アンチャーテッドやりたいのですが、長時間ぶっ続けでやりたいのでいつやろうか考え中。
手元にはもうあるからこのガマンにガマンを重ねているこの期間が一番モチベあがる、いいところで開始したいところです。

WHAT'S NEW?