予定通り真ラーヴァナ討滅戦へ挑戦して参りました。

どうもこんばんは!

こんな内容で募集。
ffxiv_20160301_172048.jpg

15分後突入いたしました。
ffxiv_20160301_173504.jpg

募集してからもいろいろ考えたり、参加者も意外と早く参加してこられその都度挨拶を返したりして結局聞きそびれたラーヴァナという蛮神。
調べてきましたがどうやらオリジナル蛮神らしいです。
武神ラーヴァナ、イシュガルド編初蛮神ですがインパクトは大きくよいと思います!

みなさんに温かく励まされながらMTをやらせてもらい、いざ開戦!
ffxiv_20160301_173656.jpg
開幕から意識していたことは頭割りダメージがあるらしいという予習をしていたのですが、詠唱もなく構えで判断するしかなさそうであったため即死するほどでもないだろうと考えていたので、難しいことも踏まえて結局スルーしてました。
STさんがご理解されていれば一緒に受けにきてくれるのがセオリーかなとも思っていたので、それにたぶん極でその辺は必要になってくるであろうと思っています。
自分が頭割りを意識してメンバーに向けてもDPSさんの火力が落ちてしまうのは申し訳なかったところでもあるので。

最初のなんとかの序というモーションです。
ffxiv_20160301_173739.jpg
これはラーヴァナ中心の範囲攻撃らしく外周まで移動してれば回避可能だったのかなーと予習はしてましたが、みなさんが避けようとしていなかったので一緒に受けることにしてました。
回避できなかったら恥ずかしいという気持ちもありましたので。

次の技が破というもの。
ffxiv_20160301_173823.jpg
これも予習して背後が安全地帯であることは理解しており、メンバーさんも背後へ回られていたので自分も便乗。

DPSチェックと言われる火力の高さを測るフェーズ。
ffxiv_20160301_173949.jpg
時間内に?蝶を殲滅できればOK。

チャンドラハース。
ffxiv_20160301_174027.jpg

いいシーンは撮れず;;
ffxiv_20160301_174037.jpg
ズームインする余裕も;;

後半戦。
ffxiv_20160301_174117.jpg
後半戦はラーヴァナが使用してくる技も増え、特にST固定なのかな?に使ってくる技は痛そうでした。
ssを見てもらうと分かるとおりヘイトは1位なのですが、STがタゲられております。
かばうとかも使ってみましたが、効果があったのか・・・。

急はメンバー4人にマーカーが表示され順番に突撃してきます。
ffxiv_20160301_174212.jpg
範囲上に居ると他のメンバーでもくらうようで被害は思ったより大きかった印象でした。

こういうときMTは生き延びさせられる優先順位が高いので、基本的に全滅しない限りはずっと戦闘できるので面白く楽しい。
ffxiv_20160301_174301.jpg

フィナーレ、モンクさんのLB3だと思います。
ffxiv_20160301_174514.jpg
戦闘中は気づきませんでしたが、コンテンツ情報に闘志という数値があることにssを見ていて気づきました。
なんなんでしょう@@;

討伐完了!!!
ffxiv_20160301_174725.jpg
もっとぬるいと予想しておりましたが、意外と被害が大きくヒーラーさんにMIPを上げたかったところです。
個人としてもう1つ意識していたのが、なんか剣の波紋というか見た目てきに爪みたいな残像が見えるMTへの攻撃。
この3連撃は1連撃目の後にディレイがあってから2連撃3連撃というコンボなのですが、予習していた通り1撃目を受けたあとラーヴァナに対して回り込むように横とか後ろとかへ移動すると2撃目と3撃目は完全回避可能でした。
これはヒーラーさんにかなり楽をさせてあげれると思い、そこを一番意識していたかなと思います。

という感じでイシュガルド編初蛮神である武神ラーヴァナ攻略へお付き合い下さった方々ありがとうございました!
早い方は昨年の6月中にクリアされていた可能性を考えると時代遅れの自分ですが、久々の蛮神戦初攻略は楽しかったです。
イシュガルドで冒険をやり始めて2ヶ月経過しましたが、果たしてナイトとしてHP20,000越えはいつになるやらです。
でも今はHP10,000越えで満足しております。

最後はいつも通り記念撮影にお付き合い頂きました!

記念撮影①
ffxiv_20160301_174853.jpg

記念撮影②
ffxiv_20160301_174859.jpg
みなさんちょこちょこ移動して立ち位置を考えてくださって、それを見ているだけでほっこりしてました。
あと、この緑の輝き?の武器がおそらくアニマウェポンかと思われます。
もっといろいろお話をしたかったのですが、メンバーが早めに揃ってしまったことやIDなどまったりコンテンツでもないことや8人という時点で自分の許容範囲を超えるため、また次回4人IDがあればそこで気になる点や疑問を投げかけていきたいと思います。

アリガトウございましたああああああ!!!
昨日のお話の続き、というか武神ラーヴァナ討伐後も続けてプレイしておりました。

どうもこんばんは!

さっそくクエスト報告。
ffxiv_20160301_175534.jpg

続けざまに新たなメインクエ発生。
ffxiv_20160301_175559.jpg
クリアできれば風脈開放のようです。

なので現状どれぐらい開放できているのかチェックしてみることにしました。
ffxiv_20160301_175633.jpg
おっと、どうやらこのクエストを終えることができればクエスト風脈は全部開放できるようです。
ということは、後はコンパスを頼りに開放していけば高地ドラヴァニアフライングマウント開放できそうです。

それでもまだイシュガルドエリアでは残り4つもあるらしい・・・。

新たなメインクエ発生と同時にサブクエも大量発生していたので、こなしていたのですがこのクエストはどうやら蛮族クエストのようでした。
ffxiv_20160301_183522.jpg
てっきりLv60のジョブを持っていないとダメなのだと思い込んでいたので、驚きです。
でもやる理由がないので、今はまだやりませぬ。

サブクエでの1シーン。
ffxiv_20160301_195905.jpg
ヒトというのは非常に器用なことができる種族なんだなぁ~と考えさせられたセリフでした。
もし獣みたいな手足だったならば、どう進化し社会文明を築いてきたのでしょう。
自我を持ったグナース族もまた独自に進化していくのでしょうか。

何を話しているのでしょう自分は@@;

サブクエを全て完遂し、メインクエを軽く進めると・・・。
ffxiv_20160301_200736.jpg
霊峰踏破ソーム・アル開放でございます!

イシュガルド編2つ目のID。
ffxiv_20160301_200850.jpg
霊峰ということからドラゴン族の総本山ではなく、聖地的な意味合いの場所なのかな。
ここを抜けることでドラヴァニア雲海へ行けるようになるようです。
旅はまだまだ続きそうです。

というところまでを続けざまに夕方から進めて、また深夜とか早朝に募集して挑戦しようと考えていたのですが、あまりにも具合が悪かったので離席したままログアウトして今日に至ります。

他にやることもないので、予習して募集してまったり攻略する予定です。
ではー!
ソームアルへ初挑戦して参りました。

連続更新です、こんばんは!

時間もなくssも多いのでコメントは少なめに。
ffxiv_20160303_053714.jpg
この内容で募集。

突入するまでに最初の参加者の方のハウスへ見学しに行ってました。
ffxiv_20160303_055905.jpg
ハウス内で流れていたBGMを気に入ってしまったので、譜面?をマケ買いし所属するFCハウス内で流して最後はログアウトしております。
フィーストのBGMだそうです。

というわけで踏破へ向けて戦闘開始。
ffxiv_20160303_060034.jpg

竜毒草はDPSさんが処理してくれるもんだと思い込んでいたのですが、誰も処理せず。
ffxiv_20160303_060120.jpg
なんかアピールされていたので、結局みんなで途中から殴り始めました。

こんな感じに。
ffxiv_20160303_060202.jpg

中ボス1、ラスコヴニク。
ffxiv_20160303_060530.jpg

マーカーが表示されたプレイヤーを対象に吸い込みをするらしく、自分が3回ぐらいマーカーされまくってそれを知らずに蜂も吸い込ませてました;;
ffxiv_20160303_060635.jpg

エリア2。
ffxiv_20160303_060827.jpg

ダメージ床発生とか面倒だ。
ffxiv_20160303_060943.jpg

このターゲットした敵のHPバーのパーセント表示の上のマークってなんでしょう。
ffxiv_20160303_061036.jpg
このssを見ていて初めて気づきました、たぶんオートアタックしていますよってことなのかな?

よく覚えていないシーン。
ffxiv_20160303_061321.jpg

中ボス2、マイス。
ffxiv_20160303_061503.jpg

緑の大きなスライムは優先して倒さないと全滅の可能性があると思っていたのですが、誰も攻撃せず∑
ffxiv_20160303_061714.jpg
なんとか全滅はしなかったものの、結構な大ダメージを受けていたと思われます。

エリア3。
ffxiv_20160303_061932.jpg

このワイバーン戦途中から敵がわんさか出現してきたので、あたふたしておりました。
ffxiv_20160303_061950.jpg

ターゲット切り替えは右順か左順でしか切り替えない自分なので、こいつをと思う敵にはすんなり切り替えることが出来ません。
ffxiv_20160303_062152.jpg
まぁそこは慣れるしかないのかなぁと思っております。

大ボス、ティオマン。
ffxiv_20160303_062324.jpg

コメットはタンク以外らしいので、基本的に避けながら殴るのみ。
ffxiv_20160303_062455.jpg

防御バフをフル回転させるのみ。
ffxiv_20160303_062601.jpg

という感じで踏破することが出来ました!
ffxiv_20160303_062715.jpg

コンプリート。
ffxiv_20160303_062719.jpg

お付き合い下さり誠に有難う御座いました!
少しゆっくりペースでもお付き合い下さる方と明記して募集していたのですが、先走る印象があったのが少しばかり残念でした。
もう少しゆっくり楽しみたかったところです。
せっかくの初挑戦ですし、ただ単に攻略できればよかったわけでもなく、あれぐらいのペースや雰囲気で攻略するぐらいならCFソロで行くのと何も変わらないと感じました、残念。
次回はもう少し募集内容を変えてみようと思います。

IDから脱出すると、大ボス戦のエリアの奥に階段があったのに気づいておりましたがムービーが入り、そのままドラヴァニア雲海へ到着。
ffxiv_20160303_063040.jpg

いよいよドラゴン族の縄張りと言ってもいいエリアへ来たのでしょうかね。
まだ探索は何もしておりませんが、イシュガルド民は生活しているのか、気になるところです。
ffxiv_20160303_063105.jpg

というわけで霊峰を越えてコンプリート。
ffxiv_20160303_063232.jpg

その後もいろいろしていましたが、また次回の更新で。
ではー!
前回からの続き。
一人テンション高くプレイし続けログアウト後も書きたくて仕方が無かったのですが、優先順位としてこうなりました。

霊峰踏破ソームアルクエストを完遂し、次のメインクエストを受注。
ffxiv_20160303_063243.jpg
「意外な姿」

というところまででクエスト関連は一時停止。

ソームアル攻略中にLv54へ到達し、おめでとうもなく踏破アチーブゲットしてもおめでとうもなく、そんなパーティでした。

Lv54へ到達しまずやることは自作していた防具への換装。

まずは今までの装備状態でのLv54ステータス(プロテスあり)。
ffxiv_20160303_063909.jpg
プロテスがあるので物理防御魔法防御の素はもっと低いです。

今度は武器盾以外IL133の防具装着後のステータス(プロテスあり)。
ffxiv_20160303_063936.jpg
大幅に減少したのが受け流し発動力、165も下がるって異常だと思うんですがどうなんでしょうかね。
その分クリティカルと意志力が上昇しておりました。
後はほとんど大差ないと思います。
一応物理攻撃力も5だけUp。

見た目はこのような感じに。
ffxiv_20160303_064042.jpg

暫く考え込んでおりましたが、イシュガルド編自作防具でのスタートであることや、ドラヴァニア雲海への進出などもあり、少し力を入れてみることにしました。

まずはマテリアです。
禁断は一切なしの左防具は全て受け流し、右アクセは全てSTRを埋め込みました。
ffxiv_20160303_065626.jpg
プロテスなしでのステータスです。
受け流しは大分盛り返した印象であることと、右アクセはSTRのマテリガ合計5個埋め込んだことによる物理攻撃力15の上昇で、思ったよりいい感じのステータスだなぁと感じておりました。
改めてマテリアってすげーと思いますね。
ギャザクラでは頻繁に使用されますが、戦闘職でももっと活用されるようになればきっと育てるのが面白くなるのではないかなと思います。
まぁすぐに装備品を切り替えていくようなペースではマテリアを埋め込んでもそれを味わう余裕や楽しみはないのでしょうね。
付け替えが出来ればいいのでしょうけれど。

そして冒険を楽しむうえで武具投影も結局することにしました。
ffxiv_20160303_072508.jpg
忍者とかぶってしまうのですが、今までしたことがあるやつでは新鮮味もないですし、いろいろ考えるのも面倒だったのでお手軽にできそうなという理由から。
ただし、エクスカリバー&イージスの盾にはどうしても違和感があり、武器盾の武具投影も考慮しましたが、納刀時の非表示ですっきりできたのでそれにしました。
抜刀すると光った状態で表示されます、その時は戦闘体勢であるためさほど違和感はありませんでした。
ただ通常時はナイトと分からないのですが、まぁいいかなと。


という準備をしておりました。
そして次にやりたかったことであるナイトのジョブクエストLv54を開始することにしました。

どうもこんばんは!!!

他にやることとしては高地ドラヴァニアでの風脈開放がありましたが、やはりいろいろ揃えてから動き出したいわけです。
ffxiv_20160303_072649.jpg
「己の聖剣」

イベント戦闘開始前のワンシーン。
ffxiv_20160303_073446.jpg
武器盾はシヴァかラムウで武具投影も考えてましたが、やっぱこれがいい。
そしてガチガチのタンク甲冑じゃないので冒険者ぽくていい。
ただ、染色を一切していないのでちょっとどうしようかまだ考え中です。

そしてコンプリート。
ffxiv_20160303_073945.jpg

震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!
ffxiv_20160303_073956.jpg

という感じで新たな攻撃スキル「ゴアブレード」修得です!!!!!!!
ゴアブレードは今までファスト→ライオットで止まっていたコンボを更に繋げることができるスキルのようです。
そしてハルオコンボと見比べてみたのですが、総合的な威力をみるとゴアコンボの方が10高く、更には継続ダメージを乗せることが出来るため火力コンボとしてはこれがいいのかなという印象を受けました。

今までソロでのフィールド戦闘でもコンボがやはり楽しいのでずっとハルオばかりしておりましたが、ゴアブレード修得によりこれがメインの火力コンボになりそうです。
ただヘイト力はないので、IDではボス戦とかで使う感じでしょうか。
でも新たな攻撃のバリエーションが増えたことで自分はテンションあげあげだったわけです。

更にそれからもっとあげあげにしてくれたのが、実際に撃ってみたときのエフェクト。
ffxiv_20160303_074550.jpg

凄く派手で顔がにやけておりました、嬉しくて仕方がなかったです;;
ffxiv_20160303_074847.jpg

やばいたのしい。

ではこの辺で!
結構以前から追加された機能グループポーズをご存知でしょうか。

パッチ3.2で更に機能が追加されたらしく、軽くご紹介。

まずは公式ブログによる解説をどうぞっ
http://jp.finalfantasyxiv.com/pr/blog/001357.html

それとその前に染色を考えてみました。
ffxiv_20160304_033353.jpg

脚だけ染色してみようと思い、ピュアホワイトは高かったのでスノウホワイトで試してみました。
ffxiv_20160304_033939.jpg
コートの裏地も白なので似合いませんでした、結局デフォルトに戻しております。

どうもこんばんは!!!

風脈をいくつか開放し、後はサベネアの野菜栽培に挑戦中の自分としてはザナラーンソイルG3とパイナップルの種をひたすら採集しておりました。

んで空いた時間に見た目が変わったことでいろいろポーズをとったりしていたのですが、エクスカリバーの柄頭というんでしょうか?そこが光っているということに今日初めて気づきました。
ffxiv_20160304_072900.jpg
それをssにして載せようとまたいろいろ撮影していたのですが、そういえばグループポーズっていうのがあったよなぁと思い出し、そのモードで撮影したやつです。
機能がいくつかあるのですが、いろいろ試している中でこれすげーと感じたのが、ssを見てもらうと分かりやすいのですが普段のssは必ず自キャラが中心になっております。
イベントシーンなどを除いて。
なのにその常識?を覆すような撮影ができたわけです、加工などもせずに。
素直にすげーと感動しました、そして遊び心をくすぐられたわけですね。
ソロでしか使ったことがない機能なので、機会があればいろんな方と絡んで試し撮りしてみたいと考えております。
綺麗に撮りたいのであれば目線を全員カメラ目線に合わせることも可能らしいので、ちょっと使いこなせるようになりたいなぁとさえ思っております。
未だにFCメンバーさんと絡む機会も少なく、記念撮影さえしたことがありません。
ssでも撮らないとキャラクターの見た目なんて覚えられない自分としては、UI非表示で撮影したssを見てこのキャラは誰々だと言えるぐらいにもっとメンバーと一緒にssを撮っていきたいところなのですが、もうそろそろ諦めたほうがいい気もしております。

とりあえず即興でグループポーズ撮影したやつを1枚。
ffxiv_20160304_073241.jpg

グループポーズではないですが、おまけとして1枚。
ffxiv_20160304_073626.jpg
グループポーズにはまりだした今日この頃。
ffxiv_20160304_165547.jpg
自キャラは正面がよかったのかなというssです。

どうもこんばんは!

高地ドラヴァニアでのメインクエを終え、コンパスを頼りに残りの風脈を開放しておりました。
ffxiv_20160304_171315.jpg
クルザス西部高地ほどの感動は感じませんでしたが、一通りの冒険を終えた報酬と考えているので、もう終わりかぁという感情が強かったのかなと思います。

特に面白いポイントはなかったので、テキトーに空撮してきました。
ffxiv_20160304_172316.jpg

日が沈むと不浄の三塔に明かりが灯っていることに初めて気づく。
ffxiv_20160304_172902.jpg

すっごい敵に絡まれやすいエリアなのですが、やっぱフライングは便利すぎる。
ffxiv_20160304_172956.jpg

高地ドラヴァニアでグループポーズを活かしたss。
ffxiv_20160304_173637.jpg

サブクエストも発生しておらず、蛮族クエストのみ残っていましたが、さようなら高地ドラヴァニアというss。
ffxiv_20160304_173746.jpg

という感じでLv54メインクエストの始まり始まり。
ffxiv_20160304_174240.jpg

舞台となるのはドラヴァニア雲海。
ffxiv_20160305_033353.jpg
あの建物はいったいなんなのか、ストーリーにどう関わってくるのか気になるところです。
軽くメインクエ進めてますが、まだ行った事ありません。
ドラゴン族が支配するエリアだと思いますし、エーテライト付近でもイシュガルド民を見かけたこともなく、誰が建造したのかも気になりますね。

そんな感じで今までssを撮ることに面白さを感じたことはあまりなかったのですが、いろんなアングルでしかも自キャラの位置も変えることの出来るこの機能、面白い。
実に面白い(。・ω・。)

次なるメインクエストは白亜の宮殿というところへ向かうところでログアウトしました。
ffxiv_20160305_040843.jpg

という昨日のお話でした。

今日も時間があればログインしてメインクエを進めていく予定です。
チャンスがあればグループポーズを活かしてssも撮っていきたいところです。

ではー!
連続更新です、どうもこんばんは!

ログインする前にゴッドイーターというなかなかよさげなアニメの第一話を見ていたのですが、やはりナイトの今の見た目をもう少し個性的にしたいと思い、デフォルト染色を辞めてコートの染色をやろうと思いながらログイン。

そしてログイン早々茶色っぽい染色をしてみるもなんか違うなと違和感を感じ、いろいろ試してみることにしました。

結果こちら。
ffxiv_20160306_041922.jpg
やはり昔からロイヤルブルーで染色してきた自分としては甲冑ではないものの、コート系のロイヤルブルーしっくりきました。
ついでに脚の部分もジェットブラックでほぼ真っ黒に。

Lv56のタンク防具がどんなものか知りませんが、とりあえずナイトの武具投影はLv60ぐらいまでこれになるかなぁと思います。
ffxiv_20160306_041935.jpg

忍者とかぶっているので、せっかく武具投影させましたが忍者は戻そうかなと考えています。
ffxiv_20160306_042022.jpg
忍者が装備しているやつは全部マケ買いしたやつなので、自作HQが作れるようになった時にでもと。

ということを終えてからドラヴァニア雲海で冒険再開。
ffxiv_20160306_043355.jpg
ドラヴァニア雲海最初の拠点であった名前が出てきませんがモグモグホームがあるところから、アサー天空廊というところまで来ました。
どうやら気になっていたでっかい白い建造物が白亜宮殿ぽいです。

アサー天空廊でのサブクエをこなし終わり、白亜宮殿までもう少しというところで記念撮影。
ffxiv_20160306_051351.jpg
メインクエの主要人物達とこんなss撮るのは久しぶりかもしれない、そう思いながら最後にバトルコンテンツを1戦遊んでログアウトしました。

いよいよ次は白亜宮殿へ到着かというところです。
なんかブブゼラみたいなのを吹いて聖竜フレースヴェルグ?と会えるらしいというのでそこへ向かう内容だったかと思いますが、うーんいろいろ気になりますね。

ではー!
今日は1時間もログインしておりませんが更新です、どうもこんばんは!

前回受けたメインクエのイベントを見てました。
ffxiv_20160307_060528.jpg
主要人物達の想いが少し垣間見えた気がしますね。

そして次のメインクエスト「幻想を砕く真実」。
ffxiv_20160307_060551.jpg
このクエスト名を見て、今日はここまでにしておこうと思いログアウトしました。
サブクエストも発生せずだったのでこのままメインクエを次回は進める予定です。
少し深いイベントになりそうなので時間があるときにやりたいという気持ちもあるため、今日はお預けで、明日はログインできそうにないので日付変わって水曜日あたりにまったりゆっくり進めたいところです。

という感じで白亜の宮殿手前のキャンプイベントを終えて、いよいよブブゼラを鳴らすのか!?というところです。
ffxiv_20160307_060707.jpg
どんなイベントが起きるのか、この後ストーリーはどう展開していくのか興味津々でございます(。・ω・。)

とりあえずLv56にナイトが到達するかドラヴァニア雲海での風脈開放するかでギャザクラ再始動は考えたいと思います。
やばい楽しい。
楽しいけどゆっくり進めたい、そんなプレイスタイルの自分です!
ではでは!
ログインしている余裕がなかったので久々に今日ログインしました。

どうもこんばんは!

さっそくメインクエストを進めるべく白亜の宮殿へ。
ffxiv_20160310_050038.jpg
エーテライトも開放。

少し上ったところから。
ffxiv_20160310_050408.jpg

ブブゼラを鳴らす直前のところ。
ffxiv_20160310_050720.jpg

ssを撮ってたりしたら日が暮れ始めました;;
ffxiv_20160310_050916.jpg

イベントシーンの一部。
ffxiv_20160310_051330.jpg

聖竜フレースヴェルグが話す竜と人との戦いの始まりとやらの真実を述べているシーン。
ffxiv_20160310_051614.jpg

それから人と竜との時の流れ方の違いを感じたセリフ。
ffxiv_20160310_052031.jpg

という少し長いムービーを見終わって、幻想を砕く真実クエストコンプリート。
ffxiv_20160310_052156.jpg
どうやら少し波乱の展開になっていきそうです。

サブクエが発生していたのでこなしておりました。
ffxiv_20160310_052654.jpg

派生の多いモグレオクエストです。
ffxiv_20160310_053455.jpg

普通に撮ったss。
ffxiv_20160310_053548.jpg
話しかけているのが倒れたモーグリなのでそいつが中心になってます。

グループポーズで撮影したss。
ffxiv_20160310_053718.jpg
やはりキャラを撮影するならズームアップしてるほうがいいと思う。

モグレオクエストこれで完遂でしょうかね。
ffxiv_20160310_054345.jpg

竜の巣とやらを目指して再び冒険。
ffxiv_20160310_055010.jpg

そこで受けたメインクエストを受注してログアウトです。
ffxiv_20160310_055701.jpg
サブクエがいくつか発生していたのでそれらを次回はこなすと思います。

そしてナイトのLvが55になりました。
ffxiv_20160310_060213.jpg
Lv54と比べて大差なく、というかステ的には1Upでフィジカル系は2とかUpという感じです。

発生していたサブクエはどれもLv54であるため、サブクエは他のジョブでこなそうかと考えております。
その上でメインクエはまだナイトで続行していこうかなーというところですね。
とはいってもLv54以上のジョブはナイト以外では忍者しかおりません。
全くイシュガルド編のジョブクエをしていないので、修行もせずにすくすくと育っております。
まぁ仕方なし。

さてLv56へ到達するのが先かドラヴァニア雲海でのメインクエストを終えるのが先か気にしつつもまだまだ進めていきます。
では今日はこの辺で!
白亜の宮殿でのストーリーが終わり、竜の巣へ向かうというところで終わった昨日。

そのメインクエを受注しサブクエが発生していたので、今日はそれらをメインにプレイしようと思いながらログインです。

どうもこんばんは!

というわけで予定通りナイトではなく忍者でサブクエはこなしておりました。
ffxiv_20160311_043105.jpg
とりあえず発生していたドラヴァニア雲海でのサブクエを全て終わらすとクエスト風脈も残り1つという状況に。
おそらくこれはメインクエに絡んでくるはずだと過去の流れから推測しているので、気長に待ちます。

時間も余っていたのでメインクエを更に進めることにしました。
ffxiv_20160311_045035.jpg
タタル氏がすんごい情報を教えたいそうです。

シルバーバザーにてグループポーズを使ったss。
ffxiv_20160311_050119.jpg
シルバーバザーはほんと初期の頃FF14をプレイし始めたころにモモディさんから行かされた記憶があるのと、後はヌシ釣りでも行った事があるという記憶しかありません。
たぶんそれ以外でも訪れたはずだとは思いますが、記憶には残っていないようでした。

もう1枚撮影してきました。
ffxiv_20160311_050330.jpg
メインクエ絡みで訪れたんですが、クエストとは関係ないssです。

ウルダハの目覚め。
ffxiv_20160311_051506.jpg

真の友。
ffxiv_20160311_052607.jpg
辛いときに一緒に居てくれる友は真の友だとルイゾワおじいちゃんが言っていたそうです。

そろそろLv55メインクエの段階になるのではと思い、時間もあったので進めていたのですが、無事突入しました。
ffxiv_20160311_052943.jpg
ここまで進めるのに結構カットシーンも長く多めで時間はかかりましたが、ゆっくり楽しむことができました。
最近アプリゲーを久々にやっているのですが、なんとなくFF14も日課やら周回しかやらないのであればアプリゲーみたいに感じるなと思いました。
たぶん強くそう感じ始めたら自分はもうやらなくなるなとも思いました。
まぁオンラインゲームなので致し方ないところだと思いますが、アプリゲーほど単純でもないですし複雑で様々なコンテンツもありますし楽しみ方も様々あるわけで、その中でマイペースにこのまま最新パッチのメインクエクリアを目標に楽しんでいきたいです。
出来ればレベルキャップ開放が嬉しいのですが、今年はきっとないでしょうね。
そしてたぶん今年中には引退するかもなーと思っているので、気楽にきままに好きなように引き続きほぼ毎日プレイしてエンジョイしてきっぱりやめたい。
最終的な目標はこれまで通り育てたキャラで活躍できる場があるのが面白いので、最前線で活躍して引退が理想ですが、そのために過程などいろいろおろそかにするのはもったいなく、そんなペースでは楽しめない自分なので今年楽しめれば十分かなという決断というか意思ですね。

話がそれましたが、血戦を前にというLv55メインクエを受注してログアウトです。
サブクエが発生していないかイシュガルド・クルザス西部高地・高地ドラヴァニア・ドラヴァニア雲海を周ってきましたが、発生しておりませんでした。
なので引き続きナイトでメインクエを進めていきます。

メインクエを進行するなかでジェンリンスとばったり会ったのでお話を聞いてきました。
「ナイト」とは何か?という問いについてこう答えておりました。
王家に仕える騎士のうちでも、特に忠誠心厚く、剣の腕に優れる者のみが任じられてきたのが近衛騎士・・・すなわち「ナイト」である。
ナイトが扱う「戦技」は「銀冑団」の近衛騎士たちが、600年という長き歴史のなかで編み出し、継承してきたもの。
ただし、騎士の本分は、剣のみにあらず。
常に自らを律して正義を行い、人としての模範を示さねばならぬ。

だそうです。
では!

WHAT'S NEW?