リージ日記*

まったり更新中。

Take a look at this

チョコボ訓練士&占星術師でのスタンス

 13, 2015 09:01
マイチョコボの羽をスノウホワイト?にしたく挑戦中のリージです!

どうもこんばんは!

1回目でなんとかグリーンになり2回目でアッシュグレイになりました。
ffxiv_20151013_035007.jpg
ここから全体的に三原色を上げていけばなるのかなーと思っております。
ただろくに調べていないので、数回試してならないようであればちゃんと調べて綿密に計算してやろうかなーという予定です。

チョコボ訓練士!他のプレイヤーのマイチョコボを、30回訓練することでアンロックするアチーブメント。
ffxiv_20151013_060246.jpg
報酬でプルームド・バードというチョコボ装甲が貰えるようです。
というか知ってて意図的にFCメンバーさんのマイチョコボを訓練しておりました。
これって他のハウジングへお邪魔したことがないので分からないのですが、例えば自分が所属するFCハウスに建設されているチョコボ厩舎に預けられているマイチョコボを、FCメンバー以外でも訓練することは可能なんでしょうかね。
そこがちょっと気になりました。

たぶん無理なのかなーとは思ってますが。

今まで馴染みのあった黄色チョコボには到底似合いそうになく、今のアッシュグレイで試しに装着してみるのもありだったのですが、スノウホワイトになるまでは預けておきたいと思うのでガマン。
ffxiv_20151013_060315.jpg

というアチーブメントをアンロックしつつ、占星術師でタムタラHとストーンヴィジルHを周回しておりました。
なかなかローブはゲットできず、ヒーラーは1人なのでニードで確実にゲットできるのですが帯とか脚とか手は入手できたのですがもう暫く根気強く練習も兼ねて周回していきます。

そんな占星術師、Lv50になってから考えていたことがあります。
以前にも軽く意見を書いたような気がしますが、ダイアーナルセクトとノクターナルセクトの使い分けです。
まずダイアーナルセクトはずっとこれまで使ってきたので継続回復のありがたみと攻撃速度上昇の恩恵を体感し理解はできていたので、ノクターナルセクトをメインに先ほどの周回で試しておりました。

正直今までのやり方、ドンアク→アスペクトベネフィク→クルセ→コンバラ→コンバス→ドロー→マレフィクという流れではノクターナルセクトは使いづらい。
やはり回復専門で、HPが減ったら即回復というスタイルにピッタリなのかなと感じました。
自分としてはまだまだ攻撃の手数が少ないですが、やはり継続回復効果があると余裕が生まれて好みです。
なので4人コンテンツではダイアーナルセクトメインになりました。

逆に8人コンテンツでは、ヒーラー枠として現在白魔道士・学者・占星術師という3ジョブが存在しますが、相方が白ならノクター、学者ならダイアー、占星術師ならかぶらないようにという考え方をしております。
要はノクター時のアスペクトバリアが学者のバリアとかぶっており共存できない仕様なのと、学者にとって継続回復効果がフェアリーのポジションであることから。
逆にバリア効果が張れない白とはノクターでアスペクトバリア?も張れますし、白はリジェネも使えるのでそういう感じで使い分けるのがよさそうだと感じました。

それらを考慮して、ダイアーナルセクトは攻撃的にノクターナルセクトは防御的な意識でやりたいなと思います。

後はドローをエンカウント時もしくは寸前ぐらいで初手で使うのがよさげですね。
んでコンバスの無詠唱のタイミングで発動。
自分はよく移動中が一番カード回しを考えられるので、そこでキープしたりシャッフルしたりロイヤルしてます。
なので基本ダイアーナルセクトのアスペクトベネフィクで継続回復効果付与しつつもっともっとオシュオンをかけてあげたい。


そんなことを考えながらタムタラHとヴィジルH周回していた次第です。


そして先ほどいよいよ最後のハイレベルIDアムダHへPT募集して挑戦してきました!
ffxiv_20151013_070828.jpg
募集内容は前回のワンダHと同じです、ss見ながら全く同じように書きました。
よく喋る方が早めに入ってこられて退屈せずに挑むことが出来ました、本当に感謝です。

その最初の方が入ってこられるまで待ってたシーン。
ffxiv_20151013_071135.jpg
離籍しておられたFCメンバーさんですが、記念撮影してね!という立ち位置だったので思わず撮影しました。

という感じで良い感じで燃焼できたので今日はこの辺で。
アムダHでの冒険?は次回書こうかなと思います。
ではでは!

COMMENT 0

WHAT'S NEW?