リージ日記*

まったり更新中。

Take a look at this

太公望目指してヌシ釣りへの挑戦・弱振と中振と強振

 13, 2015 08:25
ネプトの竜・・・リトルサラオスのの突然変異種と思われる伝説の怪魚。第七霊災後の潮流変動に伴い、ロータノへ海へと南下してきた。

どうもこんばんは!

ヌシ釣りへ励む挑む日々ですが、今まで知らなかった先人様の知恵や知識を学びつつ、太公望として成長も感じれている今日この頃。

とりあえず今日もヌシ釣り、東ラノシア中心でやっておりますが、ちょうど霧という予報だったので挑戦してました。
ffxiv_20151113_044912.jpg

そして東ラノシアで雨という予報を目撃し、ヌシの方を狙うついでにと思い、オオヌシ釣りへ挑戦することにしました。

時間帯条件なしで雨→快晴という条件でロータノ海沖合:船首で釣れるオールドマーリンというヌシが目的で、このまま快晴になればすぐ挑戦できる都合のいい場所ロータノ海沖合:船尾且つ雨という条件のオオヌシ。

ネプトの竜。

こいつは漁師の直感が必須で、天候が雨から変化しても漁師の直感というバフが継続中であれば釣れるようでした。
ffxiv_20151113_061701.jpg
伝説級の大物の気配を感じる!
このドクンというSE?に毎回ドキっとしてしまいます。
漁師の直感を発動させるにはリトルサラオスを3匹釣り上げた時点で発生します。

そして今回からなんとなく気づいていましたが、竿のしなりや効果音や振動の3段階で判断してみることにしました。

FF14の釣りではアタリがあったときの反応が3パターンあり、弱振・中振・強振があります。
強振は基本ヌシのアタリなのでフッキングしましょう。

問題は弱振と中振で、今までアタリが出たら必ずフッキングしていました。
しかし釣り上げるまでのモーションが長く、次のキャスティングまでに多少なりともロスが出ます。
何百回何千回と釣りをする中で、狙った魚のみを釣るのであればアタリの反応次第でフッキングをやらない、という選択肢をすることで効率よく釣りが出来ることを知りました。

それがよく分かり実感できたのが、今回のネプトの竜釣りへの挑戦でした。

まず前提条件である天候雨は長くてもET8時間、そしてネプトの竜をおびき出すには漁師の直感が必要で、発動させるにはリトルサラオスを3匹、更にはそのリトルサラオスでさえも天候条件が雨であるため、天候が継続しない限りはET8時間で全てをこなさないといけません。
この場所での漁師の直感バフ時間は約6分間あるので、その間にいかにキャスティング回数を稼げるか、そして強振を引き当てるか、ドキドキしながら挑戦していました。

まずET0:00に雨になったのでリトルサラオスを3匹ET8:00までに釣り上げねばなりません。
どのアタリで釣れるのか?を知らなかった自分は最初全部のアタリをフッキングしまくっていました。

ん~?全くリトルサラオスが釣れません。
こいつの条件も知らなかったので、泳がせ釣りが必要だと思ってペーシェンスでHQ釣って泳がせれるやつは泳がせ釣りをしていました。
でもワフーが釣れる・・・。

おやおや、これじゃオオヌシ挑戦すらできないぞと思い、調査を開始。

そこで初めて弱振・中振・強振という3パターンあることを把握致しました。
軽く感動したのは内緒です。

というわけで泳がせが必要ではなく、リトルサラオスは中振のアタリという情報を得て、無駄なアタリ弱振を全て無視することにしましたが・・・感激。
毎回フッキングしていた時に比べて、スルーすることによって体感でも分かる範囲でキャスティングまでの時間が短縮されました。
楽しくてしょうがなかったです。

そして先ほどのssに至ります。
6分間の勝負でしたが、強振のみフッキングで他のアタリはスルーということを覚えたリージ君は2回オオヌシと勝負することができまして、見事に敗北いたしました;;

悔しい。

気を取り直して他の釣り場でヌシ釣りをすることに。

そして・・・再びET0:00。
東ラノシア天気予報・・・雨。

もう一度チャンスが巡ってきました。

前回覚えた知恵と知識を振り絞り?
ffxiv_20151113_071638.jpg
かなり早く漁師の直感発動です。
オオヌシ用の為にGP残して撒き餌を使いたかったのでかなりいい条件で挑むことが出来ました。

そして今回はオオヌシとの挑戦回数も3回挑戦することができ、
ffxiv_20151113_072108.jpg
2回敗北したあと、ギリギリ最後バフが残っている状態でキャスティングしそのアタリで勝利することが出来ました。
さすがにオオヌシというだけあって5回目で勝利でございます。
たぶん確率も今までのヌシと比べて低いんでしょうね、ステータスアップを考えさせられますが現状のステでも釣れるならば別にいいかなーと思っています。

そしてオオヌシ初ゲット!
ffxiv_20151113_072213.jpg
伝説のオオヌシ。

オオヌシといっても獲得力がちょっと厳しいという印象だけで、天候や時間帯や漁師の直感、そして釣れる魚の種類も少なめで、オオヌシの中では楽な部類のようでした。

という感じで新たに弱振・中振・強振を見極めれるようになったので、太公望へ数歩近づけたよーな気がします。

最後に、釣った魚達(ヌシ以外)はマケ売りもしくはNPC売りしてましたが、分解していくことにしました。
ffxiv_20151113_072516.jpg
なので現在、分解スキルが一番高いのは調理師になっております。
でもこれ以上はなかなか上がらない感じです。

では今日はこの辺で、ちなみに弱振はグッ、中振はグググッ、強振はメキメキという感覚でしょうかね~。
そういうの意識してネプトの竜へ挑戦すると、面白いと感じるかもしれません。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?