リージ日記*

まったり更新中。

Take a look at this

採掘師&園芸師Lv56へ向けての準備

 23, 2016 01:20
ギャザラー装備を作るためログイン早々レシピとにらめっこしてました。

昨日のお話です、どうもこんばんは!

残念ながらクラフター向けはLv53装備であったため、まだそのLvへ到達していないクラフターばかりでしたので諦めました。
ffxiv_20160122_045809.jpg

そしてギャザラー向けの装備。
ffxiv_20160122_045853.jpg
Lv53までレベリングしていたおかげで装備できるようでした。

後は果たして今のステータスで作ることは出来るのか?

中級作業1回で66工数、586工数必要なので8.8787...という感じで9回行えばNQは作れるという感じで計算することができました。
ffxiv_20160122_050908.jpg
ただ中級作業を考えるとCP消費もあり面倒だったので、倹約Ⅱで8連続模範作業Ⅱという感じで製作してました。
耐久が危ういなというレシピもあったため、マニピュレーションなどの耐久回復アビリティを駆使もしておりました。

予想外だったのが、聖水というアイテムが意外と高価だったのが驚きです。
自分で素材を集めてみようと思いましたが、素材の1つがドラヴァニア雲海の未知だったのでまだいけないエリアであり、完成品をマケ買いしたわけです。
ただこういった未知の採集で採れるクルザス茶葉やドラヴァニアミスルトゥはイシュガルドでNPC販売されているようです。
ただし高価、タダでゲットできるアイテムなのに1.500~2.000ギルほどします。

そんな感じでNQですが作ってみました。
ffxiv_20160122_054831.jpg
帯に関してはLv54であったため現状装備できませんが、一応作っておきました。

アクセは基本的にGPステであり、NQを作っても微々たる上昇であったためスルー。
マテリア装着を考えるとNQにはめるのはもったいないですし、今のアクセのほうがよさげだと判断。

そして服装を作り終えてから気づきましたが、主道具と副道具も作れるのでは?・・・と。
ffxiv_20160122_054918.jpg

NQなのにこの上昇率はんぱないです。
ffxiv_20160122_054927.jpg
これは作るしかないと思い、レシピと再びにらめっこしてました。

というわけでステータス比較。
園芸師。
ffxiv_20160122_060052.jpg ffxiv_20160122_060120.jpg
獲得力335、識質力323、からの獲得力440、識質力427です。
100↑アップ、ぜひクラフター達もNQしか作れないと思いますが装備を新調させたい。

採掘師。
ffxiv_20160122_061630.jpg ffxiv_20160122_061712.jpg
獲得力332、識質力323、からの獲得力437、識質力427です。
こちらも100↑アップです。

見た目はこんな感じになりました。
ffxiv_20160122_061929.jpg
染色はすっかり忘れていたのでよさげなのがあればテキトーにやってみようと思います。

そしてサイクロプスオニオンを採集しにいってみました。
ffxiv_20160122_063637.jpg
前回獲得率は69%であったはずですが、86%まで上昇。
HQ率も1%でしたが9%まで上昇です。

アビリティを発動させて採集してました。
ffxiv_20160122_063653.jpg
GP回復待ちのときは次の素材収集と考えている青麻を採集してました、たぶんレベリングで通うと思います。

という感じで結構端折っている部分もありますが、いろいろありまして採掘師と園芸師のLv53クエストを完遂。
ffxiv_20160122_071808.jpg ffxiv_20160122_072054.jpg

ここからはLv56を目指してレベリングしていきます。
なぜレベリングするのかはクリスタルを効率よく採集したいがためなのですが、ギルを投資するというのはどういうことなのかまだ良く分かっておりません。
ギルを投資する必要があるのであれば、時間節約も兼ねてマケ買いすればいいわけです。
気になったのでマケ相場を見てみましたが、とある属性しか見てませんが20ギル前後でした。
1.000個買うにしても20.000ギルあれば買えます、思ったより安いという印象を持ちました。
古ぼけた地図G6が20.000ギルほどで売れるのでレベリングしながらそれらを売りクリスタルはマケ買いすればかなり時間の節約になります。
なので買うことも候補にしようと考えていますが、せっかくレベリングしていく目標ができたので実際に精選とやらを経験してみて、いかほどのものなのか?を自分で確かめてから考えようと思います。
どうせ素材も集めたいですし、妥当かなーと。

では今日はこの辺で!

COMMENT 0

WHAT'S NEW?