リージ日記*

まったり更新中。

Take a look at this

マイスター開放&極クラフト

 29, 2016 09:16
さっそくギャザラー装備を一新しよう!そう思いながら今日もログイン。

どうもこんばんは!

とりあえずハードシルバーナゲットだったかな?の素材で必要な硬銀砂は以前までマケ買いしていた品だったのですが、ドラヴァニア雲海を自由に行動できるようになった今、必要であったため初採掘して参りました。

残りの素材は所持していたので、革細工と裁縫でギャザラー装備一新に必要な素材をクラフトしておりました。
攻略手帳である何々を何回製作したなどのボーナス経験値は甲冑師に割り振りながらも、やはり革細工師と裁縫師は製作回数がどうしても多くなる傾向があり、開始数分で裁縫師がLv56へ到達しました。
裁縫師クエストはLv55でこなしていたはずなので、次回クエストはLv58のようでした。

そんなことを考えていたら、ふとマイスターの存在を思い出しました。
Lv55からモードゥナでクエスト受注できることは既に知っていたので、触り始めるなら早いほうがよいと思い迷うことなくモードゥナへ。

軽く話を進めてみましたが、
ffxiv_20160329_063105.jpg
すぐにコンプリート。

「マイスター」開放でございます。
ffxiv_20160329_063117.jpg

HowTo。
ffxiv_20160329_063203.jpg

クエスト報酬で貰ったマイスタークリスタル3個をそれぞれマイスターの証に交換し、それを装着させることでマイスターに成る事ができるようです。

クリスタルが3個しかないので、交換できる証は3個。
なので3クラス分しかありません。
今まで地道に育ててきた経緯を踏まえると、裁縫師と革細工師は確定でした。
とは言っても、マイスターになることで何がどうなるのかなどの情報は全く調べていないので、自分のプレイスタイルでのレベリングが少しでも楽になるかもしくは面白くなることを期待して裁縫師と革細工師は即決でした。

Lv60以降で活躍するシステムであるならば、正直戦闘職の装備品なんて作りませんし、よりレシピレベルの高いものを作るのであれば、やはり基盤となるであろうクラフター装備を充実させるという意味でも革細工師と裁縫師は鉄板のように思えます。

さて残りの1枠なのですが、まず錬金と調理は自分にとって論外であり、基本的にナイト装備を自作しながら冒険を進めていくという楽しみ方です。

それを考えると木工も外れ、鍛冶甲冑彫金の三択になるのですが、先ほども述べた通りマイスターになることで何ができるのか?が全く分からない自分としては今後戦闘職以外であるギャザクラ装備製作にも携わるであろう彫金師にすることにしました。

鍛冶も主道具副道具を考えるとありなのですが・・・、うーむ。

しかしながら、やはりギャザクラの装備をまずは整えてから動き出す自分としては職業ごとに主道具をそれぞれ製作する鍛冶よりは彫金でアクセサリを作ればそれを使いまわしできるのでいいのではないかなぁと考えながら、
ffxiv_20160329_063620.jpg
結局彫金に決断。

マイスターになった利点としまずは、マイスターアクションが使えます。
ffxiv_20160329_063651.jpg
マイスター専用のアクションのようで、自分の選んだ職業だと彫金革細工裁縫の3クラスでしか使えないクラフトアクションです。
説明文を読んでおりましたが、なんだかわくわく感がこみ上げてきました。
これらを使いこなせればギリギリでタンク装備HQ製作へ挑戦してきた時に比べて、余裕が出来るのではないかと。
そんな予想が的中するかは分かりませんが、次回からのHQ製作への挑戦が楽しく感じます。

ただやはり説明文を読んだだけでは把握というわけにはいかず、時間があれば情報を集めて仕組みを理解しておかないといけない感じですね。
Lv56の時点で3つのマイスターアクションがありますが、仕事唄というのがどうやら重要そうな気がします。
後で調べるつもりで流し読みでしたが、スタック11から始まりいろいろできるような印象を受けました。
そんな印象もあって、わくわく感が芽生えたわけです。

マイスター登録したクラスは色分けされておりました。
ffxiv_20160329_071128.jpg

ということをやり終えて、ギャザラー装備一新するための素材作りの続きをしておりました。
とりあえず衣服系の素材は全て作り終え、後は主道具と副道具とアクセの素材作りが残っておりますが、足りない素材があるためそれらを採集しに行く前にその左防具?だけでもまずは作ろうと思っており、せっかくなのでマイスターアクションをこの段階で使う価値があるのかどうかを見極めるというか調査して、HQ製作に挑戦しようと考えております。

なのでそこでログアウトしました。
失敗はしたくないので、何か別の製作で練習をするかもしれません。
やばい、ギャザクラを再開するにあたって大きな変化はないと思っていたのですが、楽しみでしょうがないです。
やはり裁縫と革細工をマイスターにするのはよいかもしれませんね。

基本的にネットゲームってマンネリ化を感じると途端に面白くなくなるので、もしイシュガルド実装されてもマイスターシステムや精選システムがなければどこかで挫折していたかもしれない自分です。
特に精選のあの感動はすごかったです。
くそうめえええ、と心の中ではしゃいでおりました(。・ω・。)
以前まではエオルゼア地方で3箇所をぐるぐる周り、そのうちの2箇所でボタン連打。
シャードより断然稼ぎ数も悪く、何か別のことをやりながらでもないと続かないレベルでした。
まぁ精選がなくてもイシュガルド編レシピの必要クリスタルを以前までのようにシャードにすればなんら問題はなかったのかもしれませんが、それじゃぁレベルの高いレシピらしさがないという疑問が残る感じなのかなぁとなんだか変なことを書き出し始めたのでこの辺にしておきます。

おまけ。
ffxiv_20160329_074023.jpg
クラフトする際にとても落ち着くのがウルダハなので、そこでやって近場の宿屋でログアウトしようとしたら目立つマーカーのNPCが居られ話しかけたら「初心者の館」開放しました。

時間があればやってみたいと思います。
ffxiv_20160329_074033.jpg
ジョブごとに存在するのか分かりませんが、せっかくなのでタンクでやるならば練習も兼ねて暗黒騎士でも動かしてみようかな。
斧術士って面白いのかな・・・気にはなりますが動かしたいとは思えない魅力をまだ感じることができません。

では今日はこの辺で!!!!!

COMMENT 0

WHAT'S NEW?