リージ日記*

まったり更新中。

Take a look at this

ギャザラー再始動目指して

 30, 2016 08:41
マイスターアクションについて軽く調べてきました。

まず基本となるであろう仕事唄。
ffxiv_20160330_041742.jpg
スタック11の仕事唄というバフが乗り、状態が高品質の時にターンが経過するとともにスタックが1へっていく仕様であり、更にスタック数が3の倍数である9・6・3であれば一部の作業系アクションの効率が上昇する。
そしてスタック0になると耐久を消費してフィニッシュワークという作業を行いバフが消えるというようなもののようです。
まぁ説明分通りなのですが。

これだけを見ればスタック数が3の倍数時のみの作業効率上昇しか利点はないように思えました。
フィニッシュワークも任意のタイミングで発動できるわけでもありませんし、成功確率が低すぎます。
このままではあまり役立たないアクションという印象です。

そこでまず必要であるだろうと思うアクションがこれ。
ffxiv_20160330_041746.jpg
ニメーヤの紡車。
フィニッシュワークを発動させずに仕事唄バフを消しつつ、耐久度回復できるというもの。
おそらく必須のアクション。
調べたところ、スタック3以下ぐらいまで減っていれば耐久30ぐらいは最大で回復できるらしいです。

しかしこれだけでは仕事唄と合わせても消費CPに見合う価値ではないような気がします。

更にこれもないとダメだろうと思うアクション。
ffxiv_20160330_041827.jpg
会心の仕事。
会心の一撃みたいな攻撃系ではありませんが、良い響き(。・ω・。)

これは仕事唄のスタック数が3の倍数時のみ使用可能で、CP15回復したのちスタック1減少という効果。
要は作業するか会心するかという二択になるかと思われます、高品質が連続でくることはないはずなので加工ターンでなければ。
なのでこれを3回行えるとCP45回復しつつ、最後はニメーヤの紡車で耐久30回復まで持っていけるのかなと。
それを仕事唄CP36+ニメーヤの紡車CP18=CP54消費からのCP45回復で実質消費CP9で耐久30回復は非常にうまいと思います。

いや単純に考えるとうますぎでしょう。
まぁターン数なども必要であり手間はかかりますが、使いこなす価値は大いにあるかと思いますね。
そして最低限上記の3アクション、仕事唄・ニメーヤの紡車・会心の仕事が必須であると言えるのかなと。
しかしそれはLv57以降じゃないと上記3アクションは揃わないので、まだ使う時期ではないと判断しました。

普通に耐久30回復を考えると、マスターズメンドⅠが消費CP92ですよ、でも耐久30回復を考えるならマニピュレーションが主流だと思いますがそれでも消費CPは88とバカにできません。
それが実質消費CP9で耐久30回復とは・・・。
それだけでもうまいのに、+α要素もあるため侮れませんねマイスターアクション。
手間暇はかかりそうですが、職人ぽさを感じますし匠だとも感じるコンテンツだと思います。

他に使えそうなアクションとしては。
ffxiv_20160330_041934.jpg
ビエルゴの奇跡。
使いどころはインナークワイエットが上限であるスタック11であるにも関わらず、まだまだ品質を上げたいけれどスタックの伸びしろがもったいないとき。
ビエルゴの祝福ではインナークワイエットのバフ自体も消えてしまいますが、これは祝福に敵いはしませんが、インナークワイエットのスタックを半分残しつつそれなりに品質を上げてくれるようです。
でもスタック11状態で加工効率そのものも上昇しているはずなので、使いどころを見極めていく必要がありそうです。

なんたらの魂。
ffxiv_20160330_042221.jpg
職業ごとにネーミングが違いますが、専用アイテムを使用することで7ターンの間(最大4回?)高品質状態になりやすくなるようです。
これがなければ単純に仕事唄のスタックを0にするのであれば11回高品質を引かなければいけません。
仮に4ターンで1回高品質を引くならば44ターン後に0スタック。
会心の仕事を考えるならば、11ターンから3たーん引いて8ターン、それでも32ターン後。
ニメーヤの紡車をスタック3で発動するなら更に8ターンから3引いて5ターン、それでやっと20ターン後まで短縮可能。
それを更に短縮させて回転率をあげてくれるのがなんたらの魂、という解釈でいいのでしょうかね。
あ、でもスタック3では会心の仕事を使うはずなので+1ターンの6回高品質を引けば回せる感じでしょうか。

そんなことを考えながら楽しんでお勉強しておりました。

どうもこんばんは!
結局先ほども書きましたが、マイスターアクションはニメーヤの紡車が使えるようになるLv57から試しクラフトしていくつもりです。

という決断をしつつ、ギャザラーの衣服を作ろうと思いながら今日もログイン。

まずは先ほどのログイン前のお勉強で気づいた集中加工。
これは高品質時のみ発動可能なアクションで加工と同じ性能なのですが、+要素としてインナークワイエットのスタックが+1されます。
すっかり存在を忘れており、いつも秘訣でCP増えたら普通の加工ばかりしておりました。
高品質時のみ限定ではありますが、ここぞというタイミングで集中加工できればいつもよりインナークワイエットのスタック数が増えた状態でビエルゴの祝福がうてます!!!

という情報を元に挑もうと思っていたのですが、前回のLv54タンク装備製作挑戦時のスキル回しをすっかり忘れており、どうやっていたのか思い出せず、悪戦苦闘しておりました。

耐久40のやつはマクロ化していたので、基本のスキル回しはすぐに把握でき、そこから臨機応変にできる手動で集中加工などもできていたのですが、いやはや;;

思わぬ失態に少しがっくりしておりました。
マクロ化しておくかこのブログに載せておけばよかったと・・・。

とりあえずもう一度情報をかき集めて低いCPかつ低いステータスの自分でもLv56レシピを同等のレベルの職人でこなせるよういろいろ試行錯誤してました。

結果。
ffxiv_20160330_054557.jpg
無事全て1発成功!
素材も手作りでHQ製作したい甲斐もあり嬉しい限りです。
実際に装着してみましたが、なんか違和感が。。。

上記のssのアイテム欄で気づく方は気づくと思いますが、実際に装着するまで気づかなかった自分。
足がどうやらクラフター用の靴でした;;
やけに足の露出が高いなと違和感があったわけです;;
はぁ~;;
と心の中で嘆きました。

スキル回しは忘れる、素材も1部位分足りず、そして靴を作り間違える、更に素材も製作するはめに、という失態を繰り返し思ったより時間がかかりましたが、まぁ完成すると嬉しいもんですね。
ほんと生産職がこんな面白いと感じたゲームは初めてかもしれません。
テラリアはやったことがありますが、あれは専門的なものなのでまた違うきがします。

これが以前までのステータス。
ffxiv_20160330_060649.jpg

これが今のステータス。
ffxiv_20160330_060703.jpg
主道具副道具アクセはそのままですが、いい出来だと思います。

次は主道具副道具アクセ製作にとりかかりますが、素材集めが必要です。
特にチタン鉱石。
あとは革素材であるダルメルとワイバーン、そして聖水も必要だった気がするのでドラヴァニアンミスルトゥ?と天然水も。
指輪がドラゴンレザーから作れるやつがLv56であるのですが、革細工の主道具副道具を新調してから挑戦したいと思うので、ワンランク下を予定しております。

そんな感じで次は愛着ある作業服で素材収集になるかと思います。
そうそう、確信?というスキルが欲しくて軍需品調達で調理師だけ納品していくことにしました。
Lv54でアディショナル登録できるようになるらしいので、それまでこつこつマケ買いして納品していく予定です。
全てはナイトの為に!そしてその過程も楽しむ為に!!

では~!

COMMENT 0

WHAT'S NEW?